iPhoneを【どこでも】タイピング出来るようにしてみた

どうも!!

ノート・パソコンとしては超軽い部類にはなると思われる、920gのモノを持っていますが最近、重いなあと感じるようになりました。

エクセルとかの事務作業以外ならタイピング出来たらほぼ事足りる為、軽量化を決意。

なるべく軽量に(楽を)したいという飽くなき欲求であります。

長文入力するときはやっぱりキーボードですよ。

 

私の希望として、

  • 電車の中とかで座っていてもタイピングが可能

 

ココ結構重要!なので、この希望に沿った設計にします。

頭の中で想像して、行き当たりばったりで作成することにしました。

購入するキーボードは悩みに悩みましたが、構造上折りたたみ式だと膝の上でタイプするとたわむのでNG。

量販店で見かけたiMacのMagic Keyboardが薄型・軽量なのとiosでも使える為、こちらにすることに決めました。

 

ちなみに材料は私の好きな東急ハンズ仕入れました。

f:id:yukio111:20170912132623j:plain

どどん!

 

用意したのは、

 

製作時間30分、放置時間4~5時間程度で出来ました。

f:id:yukio111:20170912133020j:plain

出来たのがコチラ。

キーボードに貼り付ける部分は一瞬ふと、接着してしまおうかと思いましたが高いキーボードの為、両面テープにしました。

黒い部分がすべり止めシールです。吸い付くような滑り止めシールです。

記事を読んで作ろうと思う人は見れば分かると思いますが一応説明します。

 

作り方

  1. 適当なサイズにiPhone置く用とキーボード側用アクリル板を切ります。
  2. 切ったアクリル板の角を紙やすりなどで面取りします。
  3. 丁番を荒い紙やすりで少しデコボコにした上で接着剤をつけてアクリル板と接着します。マスキングテープとかで押さえておくと尚良いと思います。ハンズの方曰く、この丁番は接着しにくい素材との事。
  4. 4~5時間放置します。
  5. 出来上がったものにすべり止めシールを貼り付けます。
  6. アクリル板のキーボード貼り付け面に両面テープを貼り付けます。
  7. キーボードに貼り付けて完成!

 

f:id:yukio111:20170912133108j:plain

無骨なデザイン。

 

f:id:yukio111:20170912133135j:plain

折りたたみ式で出来るだけ省スペースに。

元々この丁番、かなり固いので少し油を差したら丁度良くなりました。

 

f:id:yukio111:20170912133202j:plain

iPhoneを置いたところ。これで膝の上でも安定してタイピングが可能です。

机が無い所でも書ける!書ける!これってかなりデカくないですか?

 

f:id:yukio111:20170912134250j:plain

総重量254g。(キーボードのカタログスペックは231g)

現在から比べると72.3%重量を減らす事に成功しました。iPhoneの重さは元々持ち歩いているので計算しないものとします。

あとはパソコンじゃないと出来ない作業があるのがネックですね。これで全部済ませたい!!なるべく荷物はコンパクトにしたいのです。

 

それでは~!!

 

追記:アクリル板と丁番の接着時に、丁番側の面をヤスリがけした方が良いです。片側だけやって試した所、ヤスリがけしてない方は接着後に簡単に剥がれてしまいました!