読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミートゆきおのブログ

いつも眠いよ!肉が好きだよ!酒も好きだよ!

手紙 ~拝啓 起業を考えてる君へ~

f:id:yukio111:20150306164854j:plain

どうも!!!

実は私、会社経営してるんですよ。しがない会社ですけど。

 

 一応筆者略歴

・年商 1億円を超える

・起業理由 「カネが欲しくてやった。やればカネになると思った」

・理念 「儲かればなんでもやる。が、モラル的にダメなのはNGというかできない」

・学歴 中卒 基本コミュニティに入るとイジメられる体質だった

・職歴 派遣を転々とする。選択業種は毎回適当。飽きっぽく平均1年以下で辞めるので経験業種は10を超える

・起業時期 20才後半で起業。現在30代

・仕事能力 それなりに出来ると思ってる

 

書き出したら泣けるくらいどうしようも無いですね。。昔の話なので今は違いますよ!!

 

では、起業するにあたって考えられる必要なモノとかコツとか書いてきます。

 

 必要なモノ

・行動と実行

・これをやれば稼げるであろうアイデア、それなりに詳しい業種なら尚良い。経験業種がベスト

・現金30万円

・協力を仰げる人脈/顧客

 シンプルに書くとこんなもんです

 

 解説

起業しようかな、会社作ろうかなと考えて思ってても起業出来ません。とりあえず一歩踏み出しましょう。これで私は長らく燻って会社作らなかったので言いたかった。

 

安く創業するなら、ネットで調べれば行政書士が書類を作ってくれて、書類作成費用が1万円程度で済む方法もあったりします。登記はセルフですが。法人印も合わせたら合計30万もあれば余裕です。

 

あと私が陥ったのは「誰もやってないビジネスアイデア」を思いつく事でした。今だから言えるんですが、「誰もやってないビジネスアイデア」って基本無いです。

それなりに競合する企業があったり、似たような事をしている会社があったり。そりゃ70億人いたら同じこと考えてる人もいますよ。まだ世に出てなくとも。そうなると先行者利益を追う為に尚の事早くやったほうがいい。

なんで自分のスゴイアイデアをビジネスにするって発想自体をやめましょー。

元々そんな事思ってない人には関係ないですが。

革新的な経営者とかカッコイイですけどね。イーロンマスクとかジョブズとか。

 

そうなると既存のビジネスを昇華させる方が楽だと思います。昇華させて稼いだら、お金かかるやりたい事をやればいい。

私は初期費用、お金無かったんで消費者金融で借りました。

小さく始めるのがコツだと思います。

 

そこで固定費って安くしたいじゃないですか。検討に入るのが自宅かバーチャルオフィス。ここでコツなんですが、最初からバーチャルオフィスで登記はしない方がいいです。何故かというと、法人銀行口座作れません。バーチャルオフィスで登記して詐欺してるヤカラが多いみたいで厳しくなってるみたいです。
地銀ならバーチャルでもOKな場合があるみたいです。

私の場合ですと、オーナーに相談したら自宅登記OKでした。感謝。

自宅がNGなら、知人系のツテで事務所登記可能な所を用意するしかないです。探せば意外とあるもんです。

口座作った後バーチャルオフィスに移転するのが良いと思います。

ここは資金潤沢なら関係無いのかもだけど、安く抑えるならやったほうがいい。

※補足 自宅で法人口座作ろうとしたら大手銀行は法人名義で自宅を契約していないとNGだった。契約載せ替える金が無かったので、地方銀行に行ったらすぐ作れた。

 

ちなみに私は創業前に仕事の当たりをつけてからやりました。顧客ありきの法人登記です。法人としか取引しない企業だったので。

法人格要らない仕事なら法人立てる意味は儲からない限り無いです。 あと従業員をそれなりに雇うとかになると必要かな。

ここで協力を仰げる人脈を活用して仕事とってきます。

なので順番は、「顧客獲得(仕事)→法人登記→業務開始」が固いと思います。

 

創業するにあたって、気をつけたのは在庫リスクが無いものをチョイスしました。

小資本で始めるなら在庫リスクは脅威です。ITとか仲介的な事業なら在庫リスクが無いのでお勧めです。

在庫を抱える仕事をするなら回転早いのをお勧めします。回転遅いと資金ショートします。

 

起業って何より縛られないのがイイ。もし今の会社がどうしようも無くなったら何処かの取引先に泣きついて雇って貰って、またアイデア練って会社作ればいいですし。

そもそも今やってなくて、やってみたい事も多々あるんで、それで多分食うには困らないと思います。

個人的にはやりたい人はスグに会社作ってもらいたいぐらいです。燻ってる時間がもったいない!経営面白いですよー! 早くやって!

 

 

オマケ

・本を読みあさった。興味あるやつだけだけど。今もこれは続いてる

・結局、人対人なのでコミュニケーションは重要。会えないならラインやメールよりも電話で話をするのが良いみたい

・競合他社とか意識しない。他社に移りたければどうぞスタンス。対外的には勿論言わないけど

・仕事を昇華し続けると良いと思う。なにより品質を上げると勝手に紹介される。なので顧客に困った事が無いし随分営業してない。むしろ仕事を断ってるくらいが丁度いいと思う

・愛想はいいようなので顧客企業に可愛がられた

・安定は無い。不安定が当たり前。これは起業する人だけに言える事ではなく、誰にでも言える事と考えている

・会社やってるとだんだん図太くなってくる

・失敗しても立ち止まらない。立ち止まったら失敗で終わる

・なんでもやってみる。転職経験が多かったのが逆に良かった。各スキルが今生きてる

・正直追い詰められてやった感。学歴ないし職歴も散々だし。今も昔も背水の陣

・小利口に考えないで、やる。考える癖が燻る原因だった。実行あるのみ

・一人で抱え込まない。会社の頭脳として手足を雇う。全部やったら時間が足りないし、次やりたい仕事に取り掛かれない。大体の予定はフリーにしている

・なので税理士は雇うのがいい。リーガルチェックも専門家に話をする

・安売りはしない

起業するのにお勧めBOOK

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方