素人目線でざっくり裁判について書くよ~

どうも!

トータルで弁護士代に500万は使ったミートゆきおです。

この短い人生の間に何度か裁判を行ったので、それなりに詳しくなってしまったのかもしれない…と思って素人目線で裁判について書こうと思います。

プロ(弁護士せんせー)は世の中にゴロゴロしてますし。

裁判で登場するのは、訴えを起こす人が原告、訴えられた人が被告です。
よくニュースとかに出てくる言葉ですね。

この両者を最終的にジャッジするのが裁判官です。
裁判官は超エリートなので、一般的な社会に出た事がありません。なので、その通訳をする為にも弁護士が必要だったりします。

通訳をお願いするのは、訴えた背景、訴えるのはなぜなのか、何の法律に該当して主張するのか??などです。ようは作文です。

この作文、あなどるなかれ。文章構成によって印象がメッチャ変わります。双方相手を貶める内容を書くのでマア酷いもんですけど。文章でボッコボコにドつきあう感じ。

印象が変わると裁判官の心証が変わる。

訴えをおこした場合は、その内容は事件と呼ばれ、例えば給与未払いの請求をする裁判があるとすると給与未払請求事件とかと呼ばれます。と、まあなんでも事件になります。民事事件ですね。

一人で裁判やる事も勿論できますが、それなりに法的知識を得た上でないと結構難しいと思います。敵対する相手にも大体弁護士つくし。

金銭的な訴訟が基本的に多いと思うので一つの手続きを紹介しておくと、仮差押というものがあって、裁判が始まる前に被告側の資産を凍結出来る制度があります。差し押さえって裁判終わってからじゃないんだって感じですよね。債権保全措置というヤツです。

ここで弁護士に依頼して裁判を進めて行く事はなんとなくご理解頂いたと思う訳ですが、弁護士も赤の他人なので相談する事情をしっかりと把握しておいて貰わないと今後の方針にも影響が出るので、時間をとってじっくり話をした方が良いでしょう。

自分が知っている事と同程度を共有するというイメージです。

理解してもらえるまで、些細な事も全部共有するのが望ましいです。てかそれをしない姿勢の弁護士はやめといた方が良いでしょうね。

細かい情報まで伝達しておくと、自分では出てこなかった思いもよらない被告に対しての攻撃(作文で殴る)が可能となったりするからです。

裁判が始まると、全部紙の資料で話が進んで行きます。こっちが何か訴えるのも紙、あっちが反論してくるのも紙。両者の紙を裁判官が読んで、ツッコミどころがあったらさらなる証拠提出を要求してくることも。口頭でも色々ヒアリングされたりします。

そこで、大変重要になるのが、証拠です。証拠能力があるものが添付されているだけで印象はかなり変わります。

例えばその有利な主張が事実であると裏付ける証拠を添付すればより強力に相手を作文で殴れます

紙に書いただけの主張は双方言いたい事ばかりなので、特に意味をなしません。裁判官の心証を操作する事は出来るかもしれませんが。

戦略として、言いたいことを相手に言わせた上で、それが事実と異なるという反論と証拠を添付すると、裁判所で虚偽の主張をしたとして相手方に対しての裁判官の心証が超悪くなります。嘘つきだから。

原告が被告を訴えるわけですが、裁判の途中で反訴という手法を取られると本件と関係あれば逆にこちらも訴えられてしまう事も。相手に反訴のネタが無いかも訴える前に確認したいところです。

上記の書類や主張などを踏まえまくった上で最終的に裁判官が判決を下します

裁判で重要になるのは、証拠・作文能力・心証の3点が大変重要です。

そもそも裁判はしないにこした事は無いですが、長い人生一回くらいやる事もあると思うので、なんとなく覚えておいて下さい。

しっかりとした証拠の用意。これは常日頃からログを残さないと難しいでしょう。

私は知らない番号から電話が来たら全部録音しています。

ちなみによく分からないからといって弁護士丸投げは絶対やめておいた方がいいです!協力体制をしっかりとしいて、自身もネットで法律勉強してきっちり勝ちましょう。

複数の弁護士が負けると言っていた案件でも頑張って勝てたりするのが裁判です。

以上おしまい。